Tag Archives: 白木屋漆器店ブログ

攬勝亭千夜一夜物語6(攬勝亭一口メモ)

                    会津の名園「攬勝亭」を守りましょう!

⑭ 不整形な台形

攬勝亭の敷地の形、四角いけれど角が直角ではないし、東西、南北の二辺が平行でもありません。どうも、これが中世の館跡の特徴とよく合致するらしいです。

又、敷地の寸法も中世後期の一般的なものよりやや大きいといったところです。

長尾氏が天…

攬勝亭千夜一夜物語5(攬勝亭一口メモ)

              会津の名園「攬勝亭」を守りましょう!

⑫ では、御薬園は何だったのか?

元禄9年は正容公が松平姓と葵のご紋を賜った記念の年ですが、その年に御薬園が出来たとする説が現在有力。お祝いで作ったのはこっちでは?と疑問が出ると思います。

ところが、松平姓を賜ったのは、元禄9年も暮れの12月のことでした。現在知られているところでは…

攬勝亭千夜一夜物語4(攬勝亭一口メモ)

会津の名園「攬勝亭」を守りましょう!

⑪ 攬勝亭は会津軍の陣屋だった!

会津図書館所蔵の「(己巳年)明治見聞誌」に詳細な記録があり、近年諸先輩のご努力で解読が進み判った事実です。

「(己巳年)明治見聞誌」とは、戊辰戦争後間もない明治2年に書かれ、当時の長尾家当主の証言を記した貴重な記録です。

1868年8月25日頃は、青龍隊、朱…

攬勝亭千夜一夜物語3(攬勝亭一口メモ)

会津の名園「攬勝亭」を守りましょう!

⑦ 攬勝亭十景とは?

攬勝亭からの眺めを詠んだ十首の漢詩が存在します。異本が3種類ほど存在しますが、語句の違いは僅かで内容には殆ど違いはありません。

ところで、なんで十景なんでしょう? それが今回新たに湧いてきた疑問だったのです。

攬勝亭千夜一夜物語2(攬勝亭一口メモ)

会津の名園「攬勝亭」を守りましょう!
④ だれが、庭を作ったのか?

一般的には、お薬園を作った目黒浄定が、攬勝亭も作ったといわれています。

ただ、大工事なので、デザイナーとは別に工事責任者がいたのだろうと思います。

事実、攬勝亭作庭の監督とその後の管理をしたのは丹羽勘右衛門宗能と伝えられています。

攬勝亭千夜一夜物語(攬勝亭一口メモ)

会津の名園「攬勝亭」を守りましょう!
① 今更ですが、ちょっとご説明。
 攬勝亭(らんしょうてい)の名前は保科正之公がお付けになたと伝えられています。

「攬」は、手に取ると言う意味。

「勝」は、景勝地の勝で、優れた物ということですね。

「攬勝」は、優れた景色を手中にすると言う意味になります。(諸橋大漢和を参照)

名庭園「攬勝亭」が破壊されます!

会津若松の名庭園の一つ「攬勝亭」が積水ハウス不動産東北㈱に売却され、分譲地開発のため破壊されそうです。

天文年間(10世紀)に築造された庭で、会津藩祖保科正之公によって「攬勝亭」と名付けられました。 御薬園(楽寿亭)、可月亭とともに、会津の3名庭園の一つです。

ブッシュスキー場

昨日の会津は雪でした。 それではと、先週に続き猪苗代リゾートスキー場に向かいます。 ちょっと残念ですが曇り。 風もちょっと強めです。
朝一番で来たので、強い冷え込みです。 でも、木々はまるで満開の桜の木のようです。

猪苗代リゾートスキー場もやっと滑れるようになりました

前々日に雪も降り、先週の12日の水曜日にやっと滑れるようになった稲苗代リゾートスキー場に向かいました。 押立温泉の手前から写した磐梯山。 まさにスキー日和です。

ゲレンデもしっかり圧雪され、とてもいいコンディションです。 3人揃ってのスキーは今シーズン初めてです。

Top