会津若松七日町便り

ナカシマ・ベトナムで工場見学

二日目は、ハノイから約120km離れた港町ハイフォン泊です。 ハノイとは高速道路で結ばれています。 また日系企業の多い町で、人口は約170万人です。 ハイフォン駅見学なのですが、列車が出たばかりで、しっかりとシャッターが閉じられていました。

ハノイに較べて、オートバイが全盛。 またかなり落ち着いた感じです。 公園を散歩していますが、LEDの飾りがきらめいています。

遠足だあ! ハロン湾へ向かう

すっかり高校生の遠足気分! さあハロン湾へ向かいます。

途中の道路脇にバスを止めて、ライチを購入。 ベトナムも夏の終わり。 でもまだ35℃、湿度70%とやたら蒸し暑い。 とはいえ、ライチやマンゴー、ドラゴンフルーツが美味しい季節でもあります。

ハノイでクラス会

ハノイにいる同級生を頼って、高校のクラス会をベトナム・ハノイでおこないました。 ハノイへは羽田から飛べる時代になったんですね。 朝8時55分羽田発、約4時間半のフライトです。 羽田からは6名、関空・福岡空港から各1名、現地1名の9名のクラス会です。 私は、天空橋に前泊です。

泊まったホテルは、ハノイ大教会のすぐ近くのスプレンディッドホリデイホテル。 ここはただの裏道ではなく、れっきとしたメ…

久しぶりに福島空港から飛ぶ

福島空港から大阪空港まで久しぶりに搭乗しました。 CRジェットは50席のかわいいジェット機です。 機材の不調で時々欠航するのが玉に傷ですが。

福島空港を飛び立つと、八ヶ岳が見えてきました。 飛行高度7000m、大きな飛行機に較べて3000m以上低空ですので、なかなかの迫力です。

東へ約1.4m動きました。

朝のウオーキングを始めました。 と気づいたのが、この説明版。 2011年3月11日の東日本大震災に伴う地殻変動で、この登記基準点が東へ1.366m移動したとあります。 すなわち太平洋の方へ、写真を撮っている私の方へ約1.4mずれたようです。

ここは会津若松合同庁舎前。 震災前だったら、私は「法務局」の看板の辺りにいたんですね。 我々は、どうも大変動の時代に生きているようです。

   …

戊辰150年 会津松平家お花まつり

戊辰150年、市内院内御廟での「会津松平家お花まつり」です。 歴代藩主の霊を弔う墓前祭ですが、御廟のお花を使うなど、旧会津藩らしく、いたって質素に執り行われます。

第14代御当主のご挨拶です。 今日は戊辰150年ということもあり、京都、東京、宮城、斗南などの遠方からもご参列いただきました。

今日は時々雨がぱらつくなど、やや不順な天候です。 御廟の山も少し寒い位でした。 しかし、空を見…

タラの芽を食す

タラの芽の季節になりました。 またまた友人宅の隠れたる場所に参上です。

春の天気に浮かれて、タラの芽も少々取りすぎたようです。 料理屋ででるタラの芽がこんな感じなので、敢えてこんな大きさのを採ってきました。 ただ、もう少し早い、芽がでたところがいいのではとの声もありました。 それでは、来年はもう少し早めに採ってみることにしましょう。

胡麻和えにもしてみましたが、やはり天ぷらがいいです…

戊辰150年 戊辰殉難者春季祭典

戊辰150年(会津では、あくまで戊辰150年です!)。 4月23日10時より、長命寺の「戦死墓」前で、150年前に無念の戦死を遂げた会津藩士を弔う「戊辰殉難者春季祭典」を執り行いました。 ここの「戦死墓」には、145柱の会津藩士が合葬されています。

午前11時、3千余柱の会津藩士が合葬された阿弥陀寺で、「戊辰150年、戊辰殉難者春季祭典」を執り行いました。 今年は、早くも枝垂桜が散りだして…

Top