会津若松七日町便り

南会津旅行 大桃の舞台・湯の花温泉

南会津の農民歌舞伎といえば桧枝岐歌舞伎(たまたま前日の8日に公演されたようです)が有名ですが、南会津では各地の集落で行われていたようです。 桧枝岐のすぐお隣の大桃地区にも大桃の舞台があります。

ここでは2017年の公演風景が飾られていました。 国の重要有形民俗文化財にも指定されています。

南会津旅行 屏風岩・ミニ尾瀬公園

大学時代の友人達と、南会津旅行です。 天候が良ければもう1泊して、プリンのような形状の田代山に登る予定でしたが、梅雨入りのためそれは断念。先ずは、昨年の秋に来て感動した屏風岩へ案内。

新緑の屏風岩もまた素敵です。 桧枝岐川の雪解け水も、透明度の高い美しさです。

電線地中化工事は始まったばかり

白木屋前から電線が無くなりすっきりしましたが、電線地中化工事は始まったばかりです。

道路反対側に仮設電柱が立てられ、ちょうど白木屋と滝谷建設さんの前を電線が迂回する形になっています。 不要になった目の前の旧電柱も半分に切られました。 下の交差点から滝谷建設さんの前まで、これから2年がかりの工事となります。 「2年も長い間工事をやられたら、完成した頃には店が無くなってしまう」との反対の声も…

電線がなくなりました。

白木屋前から電線が取り除かれました。 電線地中化工事のため、道路反対側の仮電柱に電線が移設されたためです。 道路案内板は以前に無くしてもらいました。 いかにもすっきり!

こちらは電線移設前のbefore. こうしてみると、電線や道路案内板がいかに煩かったか、良くわかります。

                     [A記]

ご近所の変化

にほんブログ村にほんブログ村祥

会津藩家老萱野権兵衛150回忌

5月19日、戊辰戦争の会津藩の責任を一身に負って刑死した萱野権兵衛の150回忌が、芝白金の興禅寺で執り行われました。

昨年は戊辰150年でしたが、戊辰から明治に変わった年は戊辰の役が終了したのではなく、会津にとっては新たな苦難の始まりだったとも言えます。

タラノキとアケビの芽を食す

会津若松市内から表磐梯の別荘地に引っ越した友人を訪ねました。 外のベンチに座ってのんびりと話をしていたのですが、少し先に見えるものがやたらと気になってしまいました。 そう、どうもタラノ芽のようです。 採取すれば、とても立派なタラノ芽です。 そして友人がこれも美味しく食べれると教えてくれたのが右のアケビの芽。 後で調べたら、この量で1000円もするようです。 アルバイトに良さそう!

友人の勧…

花を愛でながら登る青木山

大型連休最終日の5月6日、午後から雨の予報なれど今年最初の山歩きをとばかり、いつもの里山「青木山(奴田山)」へ向かいます。 登山口の「子供の森スキー場」は、街中より100m程度高いせいか、八重桜が満開です。 足元には、エゾタンポポが咲き誇っています。

西洋タンポポ全盛の中、エゾタンポポの宝庫です。 日本タンポポは総包片が反転していません。

Top